知って得する!今なら間に合う!開業時の助成金

開業時に受けられる助成金の種類と
受給までの流れをご紹介します。

第1回 そもそも助成金って何だ?

今回は助成金について色々とお聞かせください。

はい、よろしくお願いします。

助成金の存在についてはよく耳にするのですが、実際のところ助成金の内容についてよくわかっていないので、初歩的なところから伺いたいのですが。

わかりました。それでは、まず助成金について簡単にご説明します。
助成金とは、事業や研究などを実施する法人や個人に対して、公的機関などが実施する経済的な支援のことです。そして、私たち社会保険労務士は、厚生労働省関係の助成金を専門に扱っています。

厚生労働省関係の助成金とはどのような助成金なのですか?

会社が国に支払う雇用保険料を財源とする助成金で、様々な種類があるのですが、飲食店や美容室等で受けられるものとしては、雇用に関する助成金が中心となっています。

なるほど。では助成金の具体的なメリットを教えてください。

まず何と言っても助成金の一番のメリットは、返済義務がある公的融資制度とは異なり、返済する必要がないと言うことです。

それはありがたいですね。

しかも、受給要件さえ満たしていれば誰でももらうことができるんですよ。

すばらしい(笑)
返す必要がなくて、受給要件さえ満たせば誰でももらえるなんてそんなにおいしい話が本当にあるんですか?

本当にあります(笑)
ただし、受給要件を満たすためには、申請をする前の段階で準備しておかなければならないことや、複雑な申請書類の作成、行政機関窓口とのやり取り等煩雑な作業が必要となります。

なんか大変そうですね。

はい。また助成金には申請期限が定められているものも多くあり、受給要件も法改正等で頻繁に変更されるため、通常の業務を行いながらご自身で申請するのは少々ハードルが高いのではないかと思います。


確かに通常業務をしながら、慣れない書類作成や行政機関とのやり取りは難しそうですね。

そうですよね。そこで、登場するのが助成金の専門家である我々社会保険労務士です。
助成金受給に向けての適切なアドバイスをすることができますし、行政機関窓口の対応や複雑な申請書の作成などを専門分野としているので、受給の可能性も高まります。

おぉ、それは頼もしい。

実際、事業主本人が申請して、条件を満たせなかったり、期間切れになってしまった為にせっかくの助成金が受給ができなかったという話をよく耳にしますので、専門家に依頼された方が良いと思います。

確かに。貰えたはずのものが貰えなかったってなると悔しいですね。

餅は餅屋です。

そうですね。