• home > 
  • 資金調達プランシミュレーション

資金調達プランシミュレーション

自己資金の金額別に資金調達をシミュレーション。
自分にあった資金調達プランを検討しましょう。

お店を開業には、物件取得費や内装費、機材費、広告宣伝費など、初期費用だけでも様々な費用がかかり、多額の資金が必要になります。その資金のすべてを自己資金で用意するのは容易ではありません。
そこで、飲食店や美容室の開業予定者の一般的な自己資金の金額別に、資金調達プランのシミュレーション例をご紹介します。

どこまでが自己資金?

まず始めに、「どこまでが自己資金として見てもらえるのか?」
ということについて確認しておきましょう。
これは、絶対的な定義があるわけではないのですが、
考え方としては、「誰にも返す必要が無いお金」
と、思っておいてよいでしょう。

具体的には、
・自分でコツコツ貯めてきたお金
・親、兄弟から援助してもらったお金

が良くある自己資金のパターンです。

微妙なところで、
・おじさん・おばさんからの援助
というのがあります。

こちらの場合は、「おじさん・おばさんからのお金だったら、
普通はある程度お店が軌道にのってきたら返すでしょ?」と判断され、
自己資金とは見てくれないことが多いです。

このような場合は、おじさん・おばさんから「返済不要」と
一筆もらえば、何とか自己資金としてねじ込める可能性はあります。

*ただし、親・兄弟・その他親戚などから援助を受けた場合、
完全に返済不要としてしまうと、贈与税がかかる可能性があります。
この辺は微妙な調整が必要ですので、専門家にご相談ください。

どのくらいの自己資金が必要か?

では、実際にどのぐらいの自己資金が必要なのでしょうか?

結論から言えば、
①どのようなお店を作りたいか
(=お店を作るのにいくらかかるか?)
②担保・保証人は用意できるか。
③用意した担保・保証人の、価値、収入はどうか。

などによって左右されますので、一概には言えません。

基本的な考え方としては、自己資金と融資申込額のバランスで
考えていくことになります。そして、このバランスが、
どういう融資の申込み方をするかによって変わってきます。

具体的に言うと、
●担保・保証人無しの場合
→自己資金1に対して、融資申込可能額は2まで
●担保または保証人有りの場合
→およそ自己資金1に対して、融資申込額は3~4程度まで

というようなイメージです。

あとは、全体で必要になる資金額から逆算し、
必要な自己資金の金額を算定することになります。

自己資金の金額別資金調達シミュレーション

では、より具体的なイメージをつかむために、開業に必要な資金の金額別に、
自己資金で用意できる金額ごとに必要な行動をシミュレーションしてみましょう。

下記の3つのプランから、自身に当てはまるプランをお選びください。

  • 総額1000万円位で開業する場合
  • 総額1500万円位で開業する場合
  • 総額2000万円位で開業する場合

▲PAGE TOP